元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ CA時代のこと
CATEGORY ≫ CA時代のこと
       次ページ ≫

消火器

ごきげんよう~ あやメリーです。



次回は消火訓練ネタでいきまーす、と書いた前回。

今までも何度か、消火器や消火訓練の話を書いたようです。
(過去記事を探ってみて発見)

では、今回は何を書こうかな?

今まで書いたことがない小ネタは~何っ?



機内火災対応用の消火器は

大型機になると10本前後は搭載しています。

「前後」っていうのが曖昧だな。(本数忘れた)

ハロン消火器は、どんな種類の火災にも有効で、

水消火器は、油や電気系統以外の火災に有効。

というように、一応使い分けされています。

ちなみに、ハロン消火器は、8~10秒程度しか噴射されないので、

1本だと完全に消火できないことも。

そんなときは、CAによる消火器リレーです。

消火役のCAに次々に消火器を手渡す、

という訓練もしていました。



でも実際にフライト中に消火器を使ったことは、

ありません。

そうならないように、五感を働かせているからね。

私のなかでの消火器にまつわるエピソードは、やはりコレがダントツ1位です。

その過去記事は、

こちらをクリック




ちなみに、

息子は昨年、職業体験で消防署勤務を経験。

夏休みの自由研究は消火器についての調査でした。

『消防士になるにはどうしたらいいの?』と息子。

公務員試験を受けてください。




ではまたー。

ショルダーバッグの中身

ごきげんよう~ あやメリーです。



クローゼットの中からボロボロのカバンが出てきました。捨てよう。

通勤用のカバンの中、物を詰めすぎ。整理しよ。



さて、

CAが使うショルダーバッグの中には何が入っているでしょう~?

私はバッグの中に色々ごちゃごちゃと詰め込んでいたため、

若干の型崩れが。そして重たかった❗



バッグの中の必需品は、電子辞書と目覚まし時計。

辞書は、英語で書類を書くときに必要で。

日本人が読む書類なのに何故、英語で書かなアカンの?!

とは以前の記事にも書いた覚えアリ。

文法がイマイチ苦手な私には必需品でした。

電子辞書、CA辞めてから一度も使ってなーい。

そうだ、息子に譲ろうか。

いや、

息子よ、君は分厚い英語辞典で調べたまえ。

楽してはならぬ。ウム。



そして、目覚まし時計は、フライト中に「秘密の屋根裏部屋」で仮眠を取るときの必需品。

コレがないと寝坊して、

セカンドミールのサービスに遅刻するー (あり得ない事態)。

胸ポケットに入る、薄くて小さなブルブル目覚まし時計。お世話になりました。



その他にも、化粧ポーチや裁縫セット、帳票類などがギューギューに詰まっておりました。

あ、それと「染み抜き剤」もね。

飲み物事故などでお客様の衣服を汚損してしまった際に対応するために、

携帯してました。



使う確率が低くても、あれば便利だろうな、いつか使うかも、と思うため、

「長女の鞄は重たい」そうですよ。



ではまた~😁

安室ちゃん in 香港

ごきげんよう~ あやメリーです。



少し前に、安室奈美恵さんの引退が発表されましたね。

明日発売のベストアルバム ↓を買おうかと思う、今日この頃です。


Finally(Blu-ray Disc付)(スマプラ対応)

新品価格
¥4,000から
(2017/11/6 22:05時点)






20年程前の大晦日のフライトは香港便でした。

その頃はまだ、香港便は日帰りではなくステイだったので、年越しは香港で迎えました。

フライトが終わって夜、

パイロット含むクルー全員で、ホテルの部屋でNHK紅白歌合戦を鑑賞。

その時にトリを飾った方が安室ちゃんでした。

「CAN YOU CELEBRATE?」 を歌う安室ちゃんを皆で応援したことは

普段とは違ったステイ先での過ごし方だったので、今でも記憶に残っています。



確か紅組が勝って紅白が終わり、NHKの衛生放送では年が明けたけど

香港ではまだ23時なのでしたー。(時差マイナス1時間) 変な感覚。



あれから20年? ひぇ~~~ 年取ったわ~ (゚∀゚)

そして、現在の香港便は、 日帰りフライト です (T_T)

パイロットにいたずら

ごきげんよう~ あやメリーです。



時々、パイロットにいたずらしたことアリ。

そのSHIPには、パイロットの帽子置き場がありました。

旅客が残置していかれたエロ雑誌の中の写真を切り取り~

コ・パイロット(副操縦士)の帽子の中に、イン



フライト終わって、帽子を手に取ったコ・パイさん。

期待通りの反応をありがとー。



CAあやメリーは、そういうこともたまにします。

信頼関係があるからできるのです。



ではではまたね~

パイロットが出てくる時

ごきげんよう~ あやメリーです。

やっと週末だ! と思ったら、明日はもう月曜日だ! 早っ。

おかげさまで、CAを辞めてから曜日の感覚があります。


さて、

フライト中はコクピットに閉じ込められているパイロットも、

トイレ使用でひょっこり出て来る時があります。

コクピット内にトイレはありませーん。

インターホンで連絡がきて、

『トイレ行きまーす。』 と報告してからコクピットから出て来る時もあれば

突然ガチャッとコクピットドアが開いて、中から人が出てくる時もあり。

基本的に、CAはパイロットの入退室がお客さまに見えないように、

また、一瞬の隙をついてお客さまがコクピットに乱入しないように、

周囲の状況に気を配っています。



それと、夜間のフライト中にパイロットが入退室をする際は、

コクピット付近のライトを暗くします。

ドアを開けた時に、真っ暗のコクピットに急に明るいライトが入り込むと、

パイロットが一瞬、計器が見づらくなるからだそうです。

これはチーフのOJTをしている時に叩き込まれた業務の一つでした。

なるほど~確かに、と思いました。

だから~、予告もなしに、いきなりコクピットから出てこないでよね~。 (ギャレーのライト、煌々と点いてますからー!)



それではまた~~