元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 小ネタ・大ネタ
CATEGORY ≫ 小ネタ・大ネタ
       次ページ ≫

BGM

ごきげんよう~。あやメリーです。

現在の職場では心地よいBGMが流れていたのですが、

諸事情により突然、廃止になりました。

し~ん…シーン…

静かすぎます。

あったものがなくなると、違和感MAXです。



機内でも、ボーディング(搭乗案内)中と旅客降機中にはBGMを流しています。(会社による)

あのBGMは自動的に流れているわけではなく、

チーフがONO&OFFを操作しています~。

時々、操作を失念したり、

旅客応対でそれどころではない時もありまして、

そんな時は他のCAがインターホンで私を呼び出し、

『ミュージックが聞こえませ-ん。』と教えてくれました。



昔は曲目が定期的に変更されていましたが、

最近はどうでしょう。

先日、久しぶりに(元)自社便に乗ったら、

私の在職中からの曲と全く変わってませんでした〰!。

よく乗られるお客さまだったら

間違いなく口ずさめるだろうな (#^.^#)。

ではまた!

フェリーふらいと②

ごきげんよう~。 あやメリーです。

フェリーフライト(回送)のお話です。



『フェリーでSHIPを戻す』 ことになったら、

新しい便名がつきます。

出発時刻が決まります。

ガスアップ(給油)します。

パイロットは運航管理者(ディスパッチャー)とのブリーフィング等々を終えたら・・・

出発です!



緊急時には脱出しなければならないので、ドアを開けると脱出スライドが展開するようにドアモードはもちろん変更します。

お客さまを乗せていないということ以外、

保安業務については通常のフライトと同じです。

いつもと違うことといえば、

コクピットのドアはずーっと開けたまま、でした。

だれもハイジャックしません。

パイロットの操縦の様子も見られて、とっても新鮮です。

通常フライトと同様に、離陸の合図もあります。 ポーンポーン♪

でも、アナウンスは実施しませーん。



離陸してしばらく経つと、ベルトサインもちゃんと消えます。

CAはベルトサインが消えたら、フリータイム
 
PAXシートに座って、

ダイバートしたレポートを作成するチーフあり、

地図を片手に景色を観ながら地点の勉強をするCAあり、

食事するCAあり。

コクピットのジャンプシートに座ってパイロットとおしゃべりするCAもあり。

みんなそれぞれ。 束の間の充電タイムです。

(爆睡する先輩CAもいました)



お客さまが乗っている時は避ける積乱雲も、

フェリーフライトでは避けてくれない時もありました。

『雲、突っ切るからねー。揺れるよー。』

とキャプテンからアナウンスが入ったことも。

どれだけ揺れても怖くありませんよ。コクピットクルーを信頼しています。

CAはのんびり過ごしていますが、パイロット達は仕事キッチリ!です。でも、いつもよりリラックスしているようにも見えます。



フェリーフライトの様子はこんな感じなのでした。



イレギュラーはお客さまにご迷惑が掛かるし、会社にとっても損失です。

本当はダイバートやリターンなど発生しないのが最良なのですが、

フェリーフライトは束の間のほっこりタイムなのでした。



さて、代替空港で降ろされたお客さまは、その後どうなるでしょうか。

次回に書きます。(* ´ ▽ ` *)



人気ブログランキングへ



ジェットストリーム (飛行機情景写真) 2017年 カレンダー 壁掛け C-4 (使用サイズ:594×420mm)

新品価格
¥1,620から
(2016/11/3 16:53時点)





フェリーふらいと①

ごきげんよう~。 あやメリーです。

寒くなってきましたね。 冬が近づいています。

冬といえば、雪。

雪といえば、天候調査。 

天候調査といえば条件付き運航。

条件付き運航といえば、リターン(引き返し)やダイバート(代替空港へ降りる)。

ですね



悪天候で飛行機が目的地に着陸できず、

目的地変更で他の空港に降りた  の話をします。



ダイバートした後、天候の回復が見込まれない場合は、そこで運航打ち切りになります。

お客さまは、代替空港で降ろされ、地上スタッフは陸送などの手段を手配します。



さて、SHIPや私たちクルーは?その後どうなるでしょうか。



飛行機とともに出発地に帰ります。



代替空港から乗ってくるお客さまは、原則的にいません。(臨時で着陸したので)

お客さまは乗せずに、パイロットとCAだけで飛ばして出発地に戻ります。

簡単に言うと、「回送便」 。

これを、 『フェリーフライト』 といいます。



お客さまだーれも乗っていないフライト。

CAはどんなことをして過ごしているでしょうか?

ちなみにパイロットは操縦していますよ、もちろん。



続きは次回ね~~




人気ブログランキングへ



ジェットストリーム (飛行機情景写真) 2017年 カレンダー 壁掛け C-4 (使用サイズ:594×420mm)

新品価格
¥1,620から
(2016/11/3 16:53時点)




機内で使える通貨

ごきげんよう~。 あやメリーです。

台風・長雨が続きますね。 体調悪し!



さて、

先日の記事で、免税販売責任者CAはショウアップ前に釣り銭準備金を受領する、

ということを書きました。

釣り銭準備金は日本円とUSドルの2種類です。

一方、機内ではユーロやタイバーツなどなど、5か国の通貨を取り扱っていました。

(使える通貨の種類は会社や路線によっても異なります。)

お釣りは日本円かUSドルでしかお渡しできないため

換算する必要がありますね。

換算はね、手元の機械がやってくれます。



小ネタとしては、

機内での換算レートは毎日変わるものではないため、

タイミングによっては、その日の相場と比べて得をしたり、その逆だったり・・・です。



もし、海外帰りに現地通貨を使い果たしたい時には、

機内の免税販売などで使えばスッキリするかもね。

ちなみに、複数の国の通貨を使って、合算して支払うことも出来ますわよー。




人気ブログランキングへ


AIR STAGE (エア ステージ) 2016年10月号

新品価格
¥1,058から
(2016/9/19 21:13時点)




ラバトリーファイアー

ごきげんよう~。 あやメリーです。

自分のブログを開かない日があります。なのに、

足あとを残してくださる皆さま、ありがとうございます。



昨日、職場のビルの化粧室に入ったら、タバコのニオイが・・・

今どき、まだトイレで喫煙する人がいるのか・・・。 不思議でしたー。



飛行機でもラバトリー(=化粧室)で喫煙するお客さまがいました。

一番怖いのは、機内火災です。

ラバトリー内には火災探知機が設置されていて、

警告音か警告灯でCAに知らせてくれます。

機種によってラバトリー火災の確認方法は様々で、

ビー❗❗と音が鳴り響く警報器や、

警告灯が地味に点灯するだけの機種や、

ピンポーン🎵という音が、やさしく3回鳴るものなど

色々あります。



いずれにしろCAは、警報装置が作動する前に喫煙や火災に気付かなければなりません。



国際線などのロングフライトでは、愛煙家の方にはツラい時間なのでしょうね。

しかし、

ラバトリーでの喫煙は 「安全阻害行為」 にあたり、罰金または懲役です。

CAも毅然とした対応をすることになっています。

ごめんねー、では済まされないかもしれません。

どうぞお気をつけ下さいませー。(*´~`*)




人気ブログランキングへ