元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ CA採用試験
CATEGORY ≫ CA採用試験
       次ページ ≫

身体検査のお話

ごきげんよう~。あやメリーです。

先週末、テレビで『サザエさん』を観ていたら、

波平さんが、『子供の頃は、パイロットになるのが夢だった。』

と言っていました。へえ~、初耳。

『しかし、目(視力)が悪いから諦めたんだ。』とも言っていて、

理由がリアルだなと思いました。



パイロットは、パイロットになってからも身体検査が厳しいようで、

普段から体調管理をマジメにされているのが分かります。

定期の身体検査前には、1か月前から禁酒している方もいました。



CAはというと、やはり採用試験での身体検査が厳しかったような記憶があります。

体力勝負の仕事なので体力測定もありました。

体力測定は、入社後も毎年実施します。

年々、スコアが低下する~。



中には、CA採用試験に『水泳』がある外資系会社もありました。

海でのサバイバルを想定してのことでしょうかね。



私は目が悪いのですが、

裸眼がなんとか規定内の視力だったので、

採用試験ではセーフでした。



もしも、波平さんがパイロットになっていたら、

『サザエさん』は今とはかなり違うストーリーになっていたでしょうね。

フネさんは元CAという設定かな。




人気ブログランキングへ



翼がくれた心が熱くなるいい話 JALのパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持・・・

新品価格
¥1,404から
(2015/8/15 09:59時点)


身長の話

あやメリーです


今日は買い物DAYでした。


帰りに撮った写真。 神戸ハーバーランド。
神戸らしい風景かしら?

神戸ポートタワー

先週行った東京タワーと比べたら小さっ!でも美しい 




今日のショッピングは、息子の冬服を購入。

息子くん、最近身長がグングン伸びてきて、昨年のズボンは短くてチンチクリン。

これから毎年買い替えることになるのかな?

息子の身長は155センチくらいですが、

私が6年生の頃はもう、160センチ以上あって、背が高いのが悩みでした。

結局、169センチで止まってしまいましたが、

CA受験の時に、”背が高くて良かった” と生まれて初めて思い、それが


コンプレックスが武器に変わった瞬間 でした。


CAを目指すには、”160センチ以上あること” が暗黙のルールになっているようですが、

私の同期には158センチくらいの人もいたので、絶対条件ではないと思います。


実際、飛行機の中で仕事をするには背が高いほうがやりやすいのは確かです。

とにかく高いところに手が届かないと、お客様の手荷物の収納にとても苦労します。

ギャレイ(飛行機のキッチン)の中も、天井まで棚があるので、

背が低いCAはステップ(踏み台)に登って、色々な物を取り出しています。

社内では、私よりも背が高いCAがたくさんいたので、全く違和感がなかったのですが、

転職して、周りの職員を見渡すと、


・・・あれ?私ってデカかったのね・・・
                      一番デカいやん・・・

久し振りに認識したのでした。


息子よ、

たくさん食べて大きくなっておくれ 






↓あやメリーも使っています。
「天然の花の香り」のボディシャンプー



人気ブログランキングへ


笑顔と真顔

あやメリーです


CAの中には、あまり笑顔のない人がいることも事実です。

そのことによって、機内でクレームに発展したこともありました。

笑顔を出さなくても許される場面、それは、「緊急脱出」の時です。

笑顔で 「脱出開始~急いで~」 などと言ってはなりません。

緊急時の対応の話は、また別の機会にするとして・・・

ここでは、笑顔はとても大切、という話をさせてください。

CAになりたい方なら、笑顔の重要性についてはよくご存じでしょうし、

鏡の前で笑顔の練習も行っていることでしょう。

しかし、もし私が採用の面接官ならば、どこを見るかというと、

笑顔と真顔の差がないか 

という部分です。

CAの中には、CABIN(客室)では笑顔だけれど、ギャレイ(キッチン)に戻ってくると

真顔になってしまう人もいます。 (コワイわ~)

そして、カーテンを開けて再びキャビンに出るときに、

突然、真顔から笑顔を作る人・・・。 いましたの。

(お客様は見逃しません。がっかりされることもあります。)

そこで、

CAを目指す方に、特に頑張っていただきたいのは、

面接で答えられない質問をされた場合や、圧迫面接だった場合でも、

常に笑顔で臨む、 ということです。

私の言葉で言い換えるならば、

「急に真顔になるべからず」 です。

CAの面接官は、完璧な答えを求めているのではなく、その場での対応の仕方や表情をみています。

質問にスラスラと答えられなくても、自分の想いや誠意が伝わるよう、

そして、笑顔をキープできるように心がけると、面接官にも好印象を与えるかと思います



なんかエラそうに書いてしまったけれど、私もまたどこかに転職するかもしれないし、

他人事ではないわー

でも、このトシになって、笑顔だけが武器って訳にはいかないよね~~。

もっと努力せねばー!



人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチお願いします。

女性掲示板セラヴィ

適性

あやメリーです

訪問ありがとうございます。

さて、CAに向いている人や、求められる適性などについては、

色々な本やインターネットサイトにたくさん書かれているかと思います。

確かに書かれているとおりです。

たとえば

・責任感がある
・チームワークがとれる
・気配りができる
・体力がある
・語学力がある
・容姿端麗

などなど・・・

どれも重要ですし、確かにこれらが備わっていないとCAの仕事は務まりません。

でもね、

私が思う、CAに必要な要素を 『もう一つ』 追加するならば、

『落ち込んでもすぐに立ち直ることができる精神力』   

です。

これがないと、とてもCA続けられまへん。

さらに付け加えるなら、 (加えすぎ)

『笑顔とホスピタリティ(=おもてなしの心)』  

です。

これがないと、CA道は極められまへん。

簡単なようで、難しくて奥が深いのです。

でもその前に、採用試験をパスしなきゃ、ですね。

また少しずつ書いていきますね。





最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





バイブル

あやメリーです


学生時代、CAになりたくて毎月愛読していたのが、「スチュワーデスマガジン」。

企業研究のためにはとても役立つバイブルでした。

現役CAのインタビューなども楽しみで、夢を膨らませていました。
(膨らませるだけで、特に努力はせず・・・)

今は、名前が変わって 「AIR STAGE」 になりましたが、この本、昔以上に情報がパワーアップしているように思います。

私が知らないことも沢山書かれてあって、「へええ、そうなんだー」と感心してしまいます。



LCCも次々と現れて、昔、CA採用が凍結されていた時代からみると、
チャンスはとても増えましたね。
でも反面、いまだに採用試験は厳しく、内定を得るのは難しいようです。


CAってね、たくさんいるのに足らないんです!

ギリギリの人員でやっています!
(たぶん今もね)

そして、今は、国内線では便と便の間の機内清掃も、CAがするのです。
(いつ食事しているの?)

会社によっては、カウンター業務も。

とにかく、何でもやるのです。

はっきり言って、「しんどい」です。

でも、やっぱり「とてもやりがいのある職業」です




CAになりたい人を応援しています。




人気ブログランキングへ






AIR STAGE (エア ステージ) 2014年12月号

新品価格
¥1,058から
(2014/11/6 21:55時点)