元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

32年

ごきげんよう。 あやメリーです。

今日は、御巣鷹山に手を合わせる日です。

32年が経ちました。

新聞の記事も小さくなってしまったような気がします。



今年、CA受験をしていた学生さんは、この事故のことはあまり知りませんでした。

面接指導で志望動機を言ってもらっても、なんか薄っぺらいのでした。

私、 『CAは保安要員ですよね。どんな覚悟でCAになるの?』 

と伝え、考えてもらいました。

そして、選考に残っていた学生さんには、事故の残骸や遺品が展示された安全啓発センターも是非訪れて欲しい、と伝えてきました。



そして後日、面接練習の場面で志望動機を再度聞いてみると、

『目の前のお客さまだけでなく、

その先に待つ家族の想いもお守りする覚悟で保安業務に努めます。』

と言ってくれました。

その学生さんは無事、J社に内定となりました。

きっと立派なCAになってくれることでしょう。



航空会社の社員は気を引き締め直す一日。

地上に降りた私は、空の安全を強く強く祈る日。

日々の出来事 | Comments(4) | Trackbacks(-)