元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年04月
ARCHIVE ≫ 2018年04月
      

≪ 前月 |  2018年04月  | 翌月 ≫

客室乗務員の役割とは

ごきげんよう~ あやメリーです。

今年度のCAの新卒採用が始まりましたが、

CAの役割って、そもそも何?という話をします。



CAには、事故があった時の保安業務だけではなく、

乗客が見ていないところで常に行なっている、通常保安業務があります。

普段のフライトでは、安全運航を保ち非常事態を未然に防ぐ、という通常保安業務のほうが圧倒的に多いです。

細かい業務の内容については今回は書きませんが、

もし、飛行機に客室乗務員がいなければ、世界中でもっと事故が発生していることでしょう。



しかし、普段のCAの姿はメイドにしか見えないかもしれません。

CAはサービス要員でもあるので、

機内サービスだけが注目されるのも事実です。

普段のCAが、ド迫力のある屈強な保安要員にしか見えないと、

それはそれで緊張を煽りますよね。そして、くつろげない!

機内の秩序を守り、機内サービスで快適に過ごしていただくための業務も大事な仕事なのです。



一方で、

重大なアクシデントがあった場合、乗員乗客が全員死亡することがあります。

CAがいくら訓練を受けていても、乗客の命を守れないこともあります。

また、

国内で時々発生するインシデントの際に、CAが動揺してしまい乗客を上手く誘導できないこともあったようです。

CAは、もっとあらゆる事態を想定した緊急対策訓練を、もっともっと行うべきなのかもしれません。



重大なアクシデントが発生する確率は、とても低いです。

しかし、確率が0.1%に満たなくても、その0.1%の為に訓練を受けているのです。

そして、全員で生き残ることを、最後まで決して諦めたりはしないはずです。



CAの、たまにチラ見えする保安要員としての顔が、お客様に安心感を与えていると私は信じてきました。

役割を理解し、ベストを尽くせる方にCAになっていただきたいな、と思っています。



ではではまた・・・


人気ブログランキング

春は色々と忙しい

ごきげんよう~あやメリーです。

すっかり春です。ブログが書けないまま、春。

コメントのお返事も書けぬままで申し訳ありません😱



近況報告をしますと、

息子が入学し、

仕事では異動をしたものの、応援のために元の部署に留まり、業務を継続。

数十年ぶりに父と阪神競馬場に行き、↓

桜花賞

桜花賞を観戦。馬券はハズレました😵



仕事では、CA希望の学生さんを引き続き支援しています。

今日はANAのエントリーシートの締め切り日でした。

昨年同様、今年も難しい設問だらけでした。

最後まで考え抜いて、納得できるエントリーシートに仕上げること。悔いのないように。これ大事☺️

これについては、書けたらまた追記します。

とにかく、春からバテております😅

ではまたー

日々の出来事 | Comments(2) | Trackbacks(-)