元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPフライト日記 ≫ 阪神大震災から20年

阪神大震災から20年

あやメリーです。

阪神淡路大震災からまもなく20年です。

私の住む街では、震災で多くの建物が全壊し、

亡くなった方もたくさんいらっしゃいました。

後に息子が通った保育園からも、犠牲者が出ました。



あの頃、私は関東に住んでいて、

あの日はステイで北海道にいました。

『神戸で大きな地震があったらしい。

血だらけの老人がテレビに映っている。』 と

到着空港の整備士さんが教えて下さいました。

あの日以降、大阪行きの便にはボランティアの方々が毎日のように搭乗され、

大阪⇒鹿児島の便に乗務した時には、

『さっき救出されたんです。このまま田舎に帰ります。』

と、砂まみれで搭乗されたお客様もいらっしゃいました。



月日がたち、

今私は、阪神高速がペロッと崩れたあの現場の近くに住んでいます。

新しい家もたくさん建てられていますが、

崩れた門がまだそのままになっている土地もあります。



1月17日。 この地域は、毎年特別の一日を過ごす中、

震災を経験していない私は後ろめたい気持ちになるのです。



この気持ちを何かに変えて、地元にも、

東北の方にも心を寄せていかねば、と思います。


人気ブログランキングへ





関連記事

Comment













非公開コメントにする