元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPフライト日記 ≫ 乾燥剤の話~part2

乾燥剤の話~part2

あやメリーです。

機内でお配りした茶菓に入っていた乾燥剤を、

実際に食べちゃった(?)お客様の話です。

(前回は、乾燥剤を間違えて食べそうになったという話でした。)

飲み物サービス中に男性のお客様から呼び止められました。


『ネエちゃん、乾燥剤飲んでしまったぞ。


どうしてくれるんだ?』



お客様はそう言って、カップの中を私に見せました。

カップの中には溶けずに残った乾燥剤らしき粒が入っていました。

茶菓の包装紙に入っていた乾燥剤のようです。

『砂糖かと思って飲み物に入れてしまったぞ。』 と。

たしか、この方には冷たいお茶をお渡ししたはず。

”冷茶にお砂糖入れるか?普通。” と思いましたが、

その方は 『案内不足だ。』 と主張してきました。

”乾燥剤ってちゃんと大きく書いてあるじゃん!”

と思いつつも、お客様の主張をひと通り傾聴、

そして飲んだ時の状況を詳しく確認。
(本当に飲んだのかも、鋭く探る。)

しかし!

お隣りのお連れ様が終始ニヤニヤと笑っています。

面白がっていることは明らかです。

さらに、差し出された名刺は、普通のものではありませんでした。
(ここではハッキリと言えませんー。)

そして、予想どおり


『タダ券よこせ』 と言われました。


チーフCAに報告したところ、


「了解。 恐喝よ。 着いたら地上に引き継ぎましょ。」 


到着後に地上職員に引き継いだものの、結局は何も揉めることなく、

そのお客様達はあっさりと手ぶらで帰っていかれたそうです。

・・・一体、あの剣幕は何だったのだーーー?!



あの時、クレームの迫力に押されて、

”謝って済まそう” と安易に対応していたら

その後の状況は良くない方向に変わっていたかもしれません。


クレーム対応って、本当に難しいけれど自分を鍛えられます。



人気ブログランキングへ





関連記事

Comment













非公開コメントにする