元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 妊婦の搭乗規程

妊婦の搭乗規程

あやメリーです。

妊婦さんの搭乗ルールってご存知ですか?



国内線の場合、妊娠中のお客様の飛行機利用は

出産予定日を含めて28日以内になると

診断書の提出が必要です。

出産予定日7日前からは

診断書の提出と医師の同伴が必要になります。



CA時代、国内線のチーフで乗務していたある日、

お腹の大きな女性客が搭乗されました。

出産予定まで28日以上あるか、と確認したところ

『ない。』  (臨月でした)

事前に診断書を提出していただいたかを確認すると、

『・・・していない。』



ちょと待ってちょと待ってオネエサン~。 

それでは飛行機に乗れませーん。

その女性は、

『どうしても乗りたいんです!乗せてください!』

と懇願します。 (何か事情がありそうだ)

キャプテン・地上スタッフと協議し、

かかりつけの産婦人科医に電話して、飛行機移動が可能かどうか

直接確認することになったものの・・・

『診察券を持ってないので病院の電話番号が分からない。』

『母子手帳も手元にない。』 (ますます訳ありだ)

というナイナイ尽くしでした。

それでもできることを尽くそう!ということで

104の番号案内で産婦人科の電話番号を調べました。

地上スタッフが電話を掛け、やっと繋がったと思ったら、

担当医不在 。 チ~ン。 アウト。



心苦しかったけれど、出発直前に降りてもらいました。

貨物室からその方の手荷物をオフロードするのにも時間がかかり

その間、他のお客様は待ちぼうけです。

即席のアナウンスで事情を説明し、

奇跡的にクレームは出なかったけれど

出発が大幅に遅れました。



飛行機ってね、結構色々と細かいルールがあるのです。

でも、安全運航とお客さまの安全のためなので

どーぞご理解をー。

あの時の赤ちゃんが無事に生まれていますように・・・。




人気ブログランキングへ
お帰りの際にワンクリックお願いします。



エニシングホワイト

関連記事

Comment













非公開コメントにする