元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP日々の出来事 ≫ 同期のラスト~つづき

同期のラスト~つづき

あやメリーです。

同期のラストフライト話の続きです。

前回記事はコチラ



ラストフライトを終えた同期がオフィスに帰って来ました。

エレベータが開き、私たちの姿に驚いて、のけ反るラスト同期。

『なんなのよ、もう~!』

同期らしい第一声。

この日、出迎えることは内緒のサプライズでした。

期待どおり驚いてくれて、大成功。

『泣かないと決めてたのにー。』

と泣く、ラスト同期。 私たちもようやく会えて、感激&もらい泣き。

私のラストの時も、特に情報は流さなかったのに、

同期達が到着ロビーで出迎えてくれました。

そりゃ泣くよー、嬉しいもん。

(同期の連絡系統のスゴさ、恐るべし。)


昨日のラスト同期は、本当に周りの同僚に何も言っていなかったようで

オフィスを往来するCAたちに

『辞めるんですかっ??!』

『一緒に辞めようと思ってたのにー!』

とか、色々言われていました。


たくさんの花束。同期の信頼の厚さが分かります。



乗務時間証明書の手交。

凄すぎます。 17,167時間59分 ですって。

パイロットでもこんなに飛んでる人はあまりいませんよ。

一体、地球を何周したの?誰か教えて。



私の総乗務時間は12,230時間15分 でした。

私より、5,000時間近くも多いね。 同期よ、本当に頑張ったね。



CAは、形に残るものがありません。

でも、この証明書は、唯一、自分が仕事をしてきたんだと実感できる、

”モノ” として残る大切な証明だと私は思っています。

そして、自分の心の中に残るものも財産であり、誇りなのです。


なんだかまた泣けてきた・・・。




人気ブログランキングへ

ネットで学ぶ旺文社のTOEIC講座
関連記事
日々の出来事 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする