元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 離着陸の時に客室を暗くする理由は?

離着陸の時に客室を暗くする理由は?

あやメリーです。

今日は何だか暖かいぞ~。

ちょっとうれしいな~。

最近は、日も長くなってきましたね。

すこしづつ春が近づいてきていると感じます。

(そして花粉の気配も感じます)



さて、

夜のフライトでは、離着陸の時に客室を暗くします。

なぜでしょう~?



”夜景をキレイに見せるための乗客へのサービス” ?

残念ながら違いまーす。

夜間に照明を落とすのは、保安上の理由があるのです。



最も事故が起きやすい離着陸時は、

突発事故等で電源が落ちて、機内が急に真っ暗になっても

すぐに脱出できるようにしておかなければなりません。

人間の目は暗闇に慣れるまでに時間がかかります。

離着陸時には、あらかじめ機内を暗くして、

乗客もクルーも万が一の事態に備えて

暗闇に目を慣らしておく必要があるのです。



というわけで、チーフCAはオンオフのスイッチや、調節つまみを操作して

丁度良い照度まで照明を落とすのですが、

機種によっては調節が難しく、

CABINのライトが全部消えてしまうこともありました。

(通常、真っ暗にはせず、薄暗い状態を目指します)

でもまあ、座席で読書灯(スポットライト)を使っている方も多いので

真っ暗にはならないのですが、 あ~ら不思議

一人が頭上の読書灯を消すと、

他のお客さまも次々に消していくのです。

(不思議な不思議な、連鎖の法則)

そして、CABIN内は 真っ暗 になってしまいましたー。


”なんも見えねえ。”


何も見えないのも困ります。 オバケが見えても困るけど。

一寸先が闇では通常の業務もできません。

ライトを点けたくても、スイッチの位置も見えません!

慌てた結果、

照明を200%の明るさで急に点灯させてしまったこともあります。

目くらましか! 逆効果だ。



CABINの照明は正しく操作して、離着陸に備えましょう。

(と自分に言い聞かせていました。)


おしまい!



人気ブログランキングへ
いつもクリックありがとうございます。







関連記事

Comment













非公開コメントにする