元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 時代とともに変わる制服

時代とともに変わる制服

あやメリーです。

CAの制服は好きですか?

関連記事あります。 コチラ


私はCA現役時代に制服が何度か変わりました。

機能的で、かつ洗練されたイメージにデザインされているはずの制服ですが、

実際には着こなしが難しかったり、

動くとブラウスが全部外に出てしまうような制服もありました。

機能性と洗練さの両方を満たすのは難しいのね~。



制服の着こなしで重要なのが

統一感 と 清潔感 。



制服の皺は絶対にNGですが、小さなロッカーに詰め込んで入れると

次に着替える時にはスカートに皺がついてしまい、困ったこともありました。

そんな人のために、オフィスのレストルームには

アイロンが常設されていました。



さて、CAはその昔、白い手袋に帽子も着用していました。

基本的にお客さまの搭乗時と見送りの降機時に、

手袋と帽子を着用します。

お客さまの搭乗時に手荷物収納を手伝った後は、

いつも白い手袋が黒くなっていました

(ステイ先のホテルで揉み洗い)



さらには、空港内を歩く時はハイヒールで、

機内に入ったらローヒールに履き替えてたんですよ~。



機内サービスの時には、ジャケットを脱ぎ、スカーフを外して

エプロンに着替えます。

スカーフは、チーフだけが違う色のものを着用していました。

風が強い日に制服で外を歩くと、スカーフがくちびるにベタっと貼り付き、

時々自分でスカーフにキスマークをつけてしまい、ガン!

その際はステイ先のホテルでしみ抜き、あるいは、

キスマークが目立たなーいように結び方を工夫していました。



ネームバッジ(名札)については、色やラインなどで

ベテランなのか、ペーペーなのかが分かるようになっていました。

このあたりは、マニア様でなければ見分けがつかないかもしれませんね。




現在は、国内のエアラインでは手袋&帽子がなくなり

会社によってはエプロンもないようです。 

チーフだけジャケットが異なる会社もありますね。



時代とともに変化していく制服のお話でした。



今着ると、もう似合わないのかしら? 

きっと似合う!(と信じよう)




人気ブログランキングへ


フコイダン

関連記事

Comment













非公開コメントにする