元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPCA採用試験 ≫ 笑顔と真顔

笑顔と真顔

あやメリーです


CAの中には、あまり笑顔のない人がいることも事実です。

そのことによって、機内でクレームに発展したこともありました。

笑顔を出さなくても許される場面、それは、「緊急脱出」の時です。

笑顔で 「脱出開始~急いで~」 などと言ってはなりません。

緊急時の対応の話は、また別の機会にするとして・・・

ここでは、笑顔はとても大切、という話をさせてください。

CAになりたい方なら、笑顔の重要性についてはよくご存じでしょうし、

鏡の前で笑顔の練習も行っていることでしょう。

しかし、もし私が採用の面接官ならば、どこを見るかというと、

笑顔と真顔の差がないか 

という部分です。

CAの中には、CABIN(客室)では笑顔だけれど、ギャレイ(キッチン)に戻ってくると

真顔になってしまう人もいます。 (コワイわ~)

そして、カーテンを開けて再びキャビンに出るときに、

突然、真顔から笑顔を作る人・・・。 いましたの。

(お客様は見逃しません。がっかりされることもあります。)

そこで、

CAを目指す方に、特に頑張っていただきたいのは、

面接で答えられない質問をされた場合や、圧迫面接だった場合でも、

常に笑顔で臨む、 ということです。

私の言葉で言い換えるならば、

「急に真顔になるべからず」 です。

CAの面接官は、完璧な答えを求めているのではなく、その場での対応の仕方や表情をみています。

質問にスラスラと答えられなくても、自分の想いや誠意が伝わるよう、

そして、笑顔をキープできるように心がけると、面接官にも好印象を与えるかと思います



なんかエラそうに書いてしまったけれど、私もまたどこかに転職するかもしれないし、

他人事ではないわー

でも、このトシになって、笑顔だけが武器って訳にはいかないよね~~。

もっと努力せねばー!



人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチお願いします。

女性掲示板セラヴィ

関連記事

Comment













非公開コメントにする