元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 緊急着陸のお話

緊急着陸のお話

あやメリーです。

昨日は寒かったですね

息子の入学式でしたが、あまりに寒くて

写真もあまり撮らずにさっさと帰宅してしまいました。

桜も散ってしまったので、学校内のソテツの前で入学記念撮影。

南国の木の前で、寒そ~に写っていました。



そんな寒い昨日の午後、新千歳空港行きの飛行機が

エンジントラブルで羽田に引き返して緊急着陸しました。

右エンジンを止めて、左エンジンだけの片肺飛行で着陸したようです。

無事着陸できて、緊急脱出も必要なく、ケガ人もなかったので幸いでした。



機体のトラブルや、目的地の悪天候などで引き返すことは時々あっても

緊急事態を宣言することは、めったにありません。

緊急着陸をすることになった場合は、

他の飛行機の離発着はできなくなります。

滑走路を閉鎖して、緊急着陸する飛行機を最優先で着陸させるためです。

地上では消防や救急も待機します。



滑走路が閉鎖された場合、出発機は空港内で待機できますが、

上空にいる飛行機はどうなるでしょうか?

この場合は、「ホールディング」 といって上空待機の方法がとられます。

グルグルと旋回しながら待つわけですが、

なかなか滑走路がOPENされない、または目途がたたない、

または、燃料が足りなくなりそう! という場合には

他の空港へ向かうことになります。

私も、目的地の空港が閉鎖されて他の空港へ着陸したこと、ありました。



昨日の緊急着陸機に乗っていたお客さまは

怖かっただろうと思います。

いや、もしかして、乗務員の対応が良くて

意外に落ち着いていたかもしれません。

機内でどんな動きをしていたか、想像をめぐらせる私でした。



次回も、緊急着陸のお話を書きまーす。




人気ブログランキングへ


ネットラーニング
関連記事

Comment













非公開コメントにする