元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPフライト日記 ≫ ドクターコールをしたら

ドクターコールをしたら

ごきげんよう~。 あやメリーです。

皆さんが飛行機に乗った際に、

ドクターコールが行われたことはありますか?

ドクターコールとは、機内で病人が出てしまった場合に

医師・看護師・医療関係者を探すことです。

症状の判断がつかなかったり、

急いだ対応が必要な時にはドクターコールをします。

”お客さまの中に、お医者様はいらっしゃいませんでしょうか。”

と、アナウンスをすると・・・あら不思議、

必ず手が挙がるのです。



もちろん、お医者様が乗っていない場合もあるはず。

しかし、私は 百発百中、勝率10割でした。

(日頃の行いが良かったのでしょう。  )

お医者様って飛行機での移動が多いんだろうか・・・

(確かに、ドクターと結婚するCAも多いわよね) と思いつつ

いつも手を挙げてくださる使命感に感謝、でした。



ちなみに、機内には、”ドクターズ・キット” という

あらゆる医療用品が詰められた、大きなケースが搭載されています。

素人は扱うことができない物ばかりです。

申し出てくれたドクターに、ドクターズ・キットの内容リストを見せて

使うことになった場合には、キットの封印を解いて使用していただきます。



ある日のフライトで、手術中の写真資料(カラー)をずーっと見ている男性PAXがいました。

う・・・赤い・・・写真がグロテスクすぎる・・・。

でも、この方、間違いなくドクターだわ。

急病人が発生したら、この方を直接ゲットしよう。

と思っていたら、その便は何も起こらず無事でしたー。



そして、急病人が発生するたびに、

救急看護法をもっと勉強しなくっちゃ、と痛感するのでした。



人気ブログランキングへ
アテンション、プリーズ!

AIRLINE (エアライン) 2015年6月号

新品価格
¥1,296から
(2015/5/8 18:33時点)


関連記事

Comment













非公開コメントにする