元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPフライト日記 ≫ CAも景色を見たいの

CAも景色を見たいの

ごきげんよう~。あやメリーです。

機窓から景色を眺めることは好きですか?

私は好き~。



新人の頃は、フライトには地図を必ず携行し、

色々と書き込みながら、地点の特徴を覚えました。



むかーし昔、古き良き時代、

お客さまがすごーく少ない便では、

新人CAは時々、フライト中にコクピットに人質に捕らわれました。

先輩CAから

『地図を持って、地点の勉強をしてらっしゃい。』 と言われ、

新人小娘はコクピットクルーに拉致されたものです。



小娘大歓迎のコクピットでは、和やかな雰囲気のもと

広い窓から見える山や湖などを

キャプテンが丁寧に教えてくれました。

そして、しばらくコクピットに滞在した後、キャビンに戻ります。



何年か経つと、山や湖の形も覚え、

離陸からの経過時間を腕時計で確認するだけで

どの辺を飛行しているのか、が分かるようになりました。

でも、自然に覚えると言うよりは、

覚えようと努力しなければ覚えられません。



富士山が綺麗に見える日などは、

私も空から富士山をずーっと見ていたいなー、と思いながら

必死に飲み物を配るのでした~。




人気ブログランキングへ

大空では毎日、奇蹟が起きている。―JALのスタッフだけが知っている心温まるストーリー (オープンブックス)

新品価格
¥1,404から
(2015/8/6 00:52時点)



関連記事

Comment













非公開コメントにする