元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 車イスの車幅は自由自在

車イスの車幅は自由自在

ごきげんよう~。あやメリーです。

車イスのお客さまが飛行機に搭乗される時には、

ご自分の車イスから航空会社の車イスに乗り換えていただきます。

なぜでしょう~?



私がいたエアラインの車イスは、

レバーを回すと車幅を変えることができるのですー。

一般的な車イスは横幅が広すぎて、

狭い機内の通路を進むことができないのですが、

あの赤い車イスに乗り換えると狭い通路にも進入することができ、

座席まで歩く必要がなくなるのでーす。

車イスの肘掛けも折り畳むことができるなど、とても機能的に造られています。

地上スタッフが車イスを手際良く操作してくれるので、

足の不自由なお客さまの搭乗-降機の案内は、地上スタッフにおまかせでした。

地上スタッフもかなりの肉体労働なのです。



車イスのお客さまには、付き添いの有無によって搭乗人数に制限があります。

緊急事態発生時に、CAが確実に緊急脱出に誘導できるように、

人数が定められているのですよ。


それについては、また今度書きたいと思いまーす。




人気ブログランキングへ




これだけは知りたい旅客機の疑問100 自動操縦はどこまでお任せ? 行きと帰りで飛行時間が違う理由は? (サイエンス・アイ新書)


関連記事

Comment

No title
編集
CAさんは飛行機を降りてはいけないのかな?
あの境界線をまたぐCAって見たことがないし

そういえば反対に地上スタッフが機内に入ったところも見たこと無いな〜
2015年09月30日(Wed) 08:25
Re: 先生 さまへ
編集
境界線のルールはなく、地上職員が機内に入ることもありますー。

業務分担の線引きがあるので、自然と境界線ができている感じです。(^^)



2015年09月30日(Wed) 09:27












非公開コメントにする