元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPフライト日記 ≫ 続・LCCの半ドア

続・LCCの半ドア

ごきげんよう~。 あやメリーです。

韓国LCCの半ドア飛行。

昼の情報番組でも放送されていました。

同僚の皆さんと昼食をとりながら、

飛行機のドアの構造について、皆さんからの矢のような質問に答える昼休みでした。



詳しい状況は知らないけれど、

なぜ上空で半ドアになる??とハテナだらけです。

出発時にきちんと閉まっていなかったのなら、上空で開いてしまう可能性はあるかな。

というのも、飛行機のドアって簡単には開きません。

上空では機内は与圧されているので、ドアがしっかり閉まっていたら開けようとしても動きません。

しかも、ドアは押し開けるのではなく、

捻りながら開ける のです。

言葉で表現するのが難しーい。

捻らずに真っ直ぐにドアを押し出して開ける機種もありますが、

とにかく簡単には開かないの。



ということは、やはり初めからドアロックが完全ではなかった?



ドアクローズ後の確認作業はたくさんありまして、

機種によってドアの形状が異なるので、それぞれの機体に合わせた確認を行います。

飛行機の外にはドア担当者の地上スタッフがいて、ドアを閉めた後は

機内・機外からドアが確実に閉まったことをお互いに確認し

ドアの小窓から親指を立ててOKサインを送り合います。

その後、機内ではCAが、ドアの周りに物が挟まっていないかを手で触って確認したり、

ドアハンドルが 「CLOSE」 の位置にあるか、

インディケーターが 「LOCKED」 になっているか、などなど

確認事項がいくつもあるのです。

更には、コクピットでもドアの開閉状態がパネルに表示されるんだけど・・・

なぜ、誰も気付かなかったのかな? 原因が他にあるのかな?

謎です。



ちなみに、飛行中に上空でお客さまがドアを開けようとした、という私の体験談は過去記事にあります。

コチラをクリック。



もうひとつ、ドアに物が挟まったまま出発しちゃった話は次回に書きます。

この話題、引っ張ります。



人気ブログランキングへ


AIRLINE (エアライン) 2016年2月号

新品価格
¥1,512から
(2016/1/7 00:18時点)


関連記事

Comment













非公開コメントにする