元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 危険な言葉は使いません

危険な言葉は使いません

あやメリーです。

今日は、機内で使う言葉についてお話しします。

日常で、電車やバスなどの公共交通機関を使うことは多いと思います。

駅のホームで電車が到着する時間になると、

“危ないですから黄色い線の内側にお下がりください”

というような放送が聞こえます。

バスに乗っていると、

“バスが完全に止まるまで席を立たないでください” 

というアナウンスも聞こえてきます。

飛行機も公共交通機関ですので、これらと同じ意味の “お願い” をお客様に実施します。

私の勤めていたエアラインでは、お客さまに不安を与えるようなワード(言葉)は

決して言わないように訓練されました。

「危険」はNGワードなのです。

「危険ですから」ではなく

安全のためにベルトをお締めください』 と言います。

「~しないでください」などの否定言葉もNGです。

「座席を立たないでください」ではなく

座ったままでお待ちください。』 などです。

お客様に安心して飛行機に乗っていただくために徹底していることなのです。

緊急時においても同様で、

「荷物は持たない!」ではなく 

荷物は置いて、脱出!』
 とCAは叫びます。



時々、掟を破って 「荷物は通路に置かないでください」 などどお客様に言っているCAが、多分います。

 「荷物は上の棚か前の座席の下に収納してください」 が正しい言葉の使い方なのでーす。 (チーフ目線)


飛行機に乗る機会があれば、ぜひ注意して聞いてみてくださいね。


人気ブログランキングへ
クリックお願いします。ぺこり。

リフィート 脚痩せ
関連記事

Comment













非公開コメントにする