元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP日々の出来事 ≫ エスケープスライドの話

エスケープスライドの話

ごきげんよう~。 あやメリーです。

新千歳空港で起きた緊急脱出。

少しずつ原因が分かってきたようですが、まだまだ時間が掛かるのでしょうね。



エスケープスライド(脱出の滑り台)を滑り降りた乗客の皆さんは怖かったと思います。

CAは毎年、スライドを滑る訓練をしていますが、

私がいた会社(←もうバレてる)ではボーイング777のスライドを使って訓練します。

これがデカい。 

地上からの高さが・・・高い!

上から地上を見下ろすと・・・コワイ!

着地に失敗するとケガをしてしまうので、

我々でも久し振りに滑る時には最初は緊張します。

何度も何度も練習をするうちに、さっさと滑ることができるようになりますが、

お客さまは初めて滑るわけですから、それはそれは恐怖だと思います。



今回のインシデントでは、SHIPはボーイング737-800で比較的小さな飛行機でした。

地上との落差がそれほど大きくはなかったのは幸いでした。

映像を見ると、次々に脱出しています。これも良かったー。

トリプルセブンだったらあのようにスムーズにはいかなかったかも。

もしB777-300だったら、客席数500もあるし

客室と地上との落差が大きく、スライド滑降を躊躇する人が続出だったかも。

ケガ人も増えたかもしれません。

妊婦の方はいなかったのかな?
歩けない方はいなかったのかな?
目が不自由な方はいなかったのかな?
お子さまひとり旅の方はいなかったかな?

↑ 
このようなお客さまがもし搭乗されていたら、自分ならどう行動していたかな?

いまだにそんなことを連想している自分なのでした。



緊急脱出を実際に経験する乗務員も少ないです。

今回のクルーはこの経験を他のCAや社員にきっちりと報告し、

社員全員の教訓にしてほしいです。



ついでに私にも聞かせて。




人気ブログランキングへ


AIRLINE (エアライン) 2016年4月号

新品価格
¥1,296から
(2016/2/25 12:47時点)







関連記事
日々の出来事 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする