元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP日々の出来事 ≫ CA面接対策

CA面接対策

ごきげんよう~。 あやメリーです。

私が就職支援を担当している学生さんの中に、CA志望の方が数名いらっしゃいます。

今日、その中の一人が、

『JALとANAの書類選考を通過しました!』 と報告に来てくれました。

ひとまずおめでと~。

さあ、これからは面接が何回もあるね。

狭き門だけど、頑張って内定を勝ち取ってね。



ということで、今日もその学生さんと面接練習をしました。

私、面接官役です。

定番の質問(志望理由や自己PRなど)をした後に、さらに質問してみました。



面接官(私) 『乗務中に、機内で泣いている赤ちゃんがいたら、CAのアナタならどうしますか?』

学生さん 『赤ちゃんは怖がって泣いていると思うので、オモチャなどを使って「怖くないよ~」と説明をします。』

面接官 『赤ちゃんに説明しても、まだ言葉が分からないかもしれませんよね。』

学生さん 『・・・・・・。』



惜しい。もう少し想像力を膨らませようね。

赤ちゃんは怖くて泣いているとは限らないよ。

暑いかもしれないし、眠いかも、あるいは耳が痛いかもしれないよね。

いつもと違う環境なので興奮して泣く赤ちゃんもいるよ。



私だったらこうするかな。

まず赤ちゃんのママに声掛けをする。

ママの緊張は赤ちゃんにも伝わるからね。

焦っているママに、安心していただけるような声掛けを。

そして、もしベルト着用サインが消えていたら、

赤ちゃんとママをギャレイに案内してみても良いよね。(立って抱っこすると泣き止む)

幼児のお客さまだったら、オモチャやCAの変顔は効果的かもね。(変顔しないけど)

など、その他にも色々と経験談を話すと

その学生さん、真剣な表情でメモを取ってくれます。



まだCAになったわけではなくても、

面接ではCAとしてフライトしている自分をイメージすることが大事よ~。

そして、

CAはサービス要員である前に保安要員なのよー。

志望動機を語るときには、そこを忘れずにね。



さあ、明日からも面接練習だっ。

私もガンバロ。




人気ブログランキングへ



航空旅行 2016年6月号

新品価格
¥1,580から
(2016/5/24 00:17時点)



関連記事
日々の出来事 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする