元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP小ネタ・大ネタ ≫ 飛行機のお尻が下がる?

飛行機のお尻が下がる?

ごきげんよう~。 あやメリーです。

飛行機といえば、乗降口は機首に向かって左側前方のドアですよね。

でも、

機種によっては、一番前と一番後ろのドアを使うこともありました。

後ろというのは、飛行機のシッポに近い部分です。

そこから機体内蔵のステア(階段)を下ろして乗降に使います。

『お尻から乗るの(降りるの)初めてだ~~。』 とよくお客さまから言われました。



時々、諸々の事情で 「後ろの出口だけを使用して降機案内」 という場面がありました。

一番最初に降機できると思っていた、座席番号1番のお客さまの舌打ちが聞こえまーす。

この時に気を付けなければならないこと、それは

「お客さまを機体の後方に集中させないこと」 でした。

重心が後ろに集中すると、

TAIL DOWN (お尻が下がる) するんですって。

テイルダウンしないように、

”バランスの関係上、前方座席の方はご案内するまでお座りのままで。” 

とアナウンスしていました。(「立たないで」ではなくて、「座っててね」と肯定表現でね)

飛行機が尻もち状態になったことは、一度もありませんでした。



飛行機も人間も、バランスは大切よね~。




人気ブログランキングへ




CAになりたいあなたへ: 教えてください!訓練部長




関連記事

Comment

編集
こんにちは。飛行機はデカくても構造的には張りぼて同様なので理解できます。ちなみにジャンボ機を1メートルの大きさに縮小すると重さは約500グラムだそうです。大きさを考えると僅かの重量移動でも影響しそうです。人間って結構重くて密度ありますから。
2016年06月10日(Fri) 23:41
Re: タイトルなし
編集
飛行機好きです さま

物知りでいらっしゃいますね!
お相撲さんの団体が機体後方に座っていたことがあり、「え・・・大丈夫なのかな」と思ったことがあります。i-229
2016年06月11日(Sat) 22:34












非公開コメントにする