元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP日々の出来事 ≫ 続・機内サービス

続・機内サービス

ごきげんよう~。 あやメリーです。

週末に利用した飛行機の話。 続きです。



気流は良かったのですが、ドリンクサービスに時間が掛かっていました。

そして、あと少しのところでサービスを途中終了したようでした。

このような場合には、チーフが着陸後にアナウンスを実施します。

『本日は十分なサービスができず、申し訳ありませんでした。』

今回は、このアナウンスが聞こえてきたので、

どうやら最後までサービスを完遂できなかったことが分かりました。



気流が悪くてサービスを何度も中断したり、飛行時間が短すぎて時間が足りない時などに

このような状況になってしまいます。

でも、「ベルトサインが点灯したけれど、あと数名だから飲み物配っちゃおう。」 と無理をすると、

飲み物事故(お客さまにこぼす)を起こしたり、CAの着席が遅れてケガをする、

という事態になりかねません。

実際に、着陸間際になってもギャレーの片付けが終わらず、

ゴーアラウンド(着陸やりなおし)した飛行機も過去にありました。



ベルトサイン点灯予定時刻までに全てのサービスを終わらせるよう、

チーフやコンパートメントリーダーはサービスプランを立てる必要があるのです。

「SAFETY FIRST」です。

サービスの中断や中止を決める決断力も必要なのでした。

ちなみに、昔むかしの大昔、東京=大阪便ではボックスミール(お弁当)を配っていた時代もありました。

あの短い時間でなぜそのようなサービスが出来たのか、不思議だー。(゚∀゚)




人気ブログランキングへ


関連記事
日々の出来事 | Comments(5) | Trackbacks(-)

Comment

参考になります9
編集
ギャレーが片付かないと、着陸出来ないんですね、驚きました。娘に伊丹〜羽田の話をしたら、私に取っては全てのフライトが戦争状態ですよ、と言う回答でした!頑張れCA戦士!
2016年10月19日(Wed) 05:11
Re: 参考になります9
編集
パパ さま

「戦争状態」。とてもよく分かります。日々スキルアップされているでしょうね!
2016年10月27日(Thu) 17:50
編集
素敵なお人柄が伝わってくるブログ、いつも楽しみに読ませていただいております。
今日は質問があり思い切ってコメント欄を書きます!
先日、伊丹-羽田のファーストクラスに乗りました。
私はお食事は食べずにワインをグラスでいただいていたのですが、CAさん、ミニボトルとグラスはとうとう最後まで下げに来ませんでした。
着陸のときはこぼれそうで思わず手にグラスとボトルを持ち着陸となりました。
これは普通のことなんですかね?
紙コップならまだしも、グラスは危ないんじゃないかと思うのですが……。
2016年10月30日(Sun) 00:57
Re: タイトルなし
編集
草 さま

訪問とコメントありがとうございます。

伊丹―羽田のファーストクラスをご利用になったとのこと。
グラスを下げに来ませんでしたかー・・・(悲)
おっしゃる通り、グラスを持ったままの着陸は安全ではありません。
グラスは必ずお下げしていました。
CAは恐らく、お食事のトレーを下げることに精一杯で、
草さまのお手元のグラスは後回しになっているうちに着陸してしまったのかもしれません。

伊丹―羽田のファーストクラスサービスの裏ネタはたくさんありますので、
また記事でご紹介していきたいと思います。i-228
2016年10月30日(Sun) 20:12
編集
あやメリーさま

お返事ありがとうございます!

そうですね、たしかにCAさん、とてもバタバタしてました(^^;)

個人的には羽田-伊丹で暖かい食事があるファーストクラスは無理なんじゃないか……と思いますが、この日も満席でしたし、会社の方針ですからCAさんも仕方ないのでしょうね。

これからも更新楽しみにしてます!
2016年10月31日(Mon) 01:05












非公開コメントにする