元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP日々の出来事 ≫ どこでも眠れる?

どこでも眠れる?

ごきげんよう~。あやメリーです。

先週末は私が通うスクールが休講だったので、

息抜きのホテルステイをしてきました。

明石海峡大橋と淡路島。↓

明石海峡

お部屋からの眺めが素晴らしい。↓

夕焼け

朝食はルームサービスが基本型らしいです。↓

朝食


明石

宿泊者ラウンジはアルコールも無料でした。(飲み過ぎたー)



CA時代は年間に120泊のホテル暮らし。

枕が毎日変わっても、基本的にはどこででも眠れました。

唯一、眠れなかったベッドと枕、それは、

フライト中の寝床であるクルーバンク (秘密の屋根裏部屋) でしたー。

あの音と振動、 『仮眠』 という位置付けの中では、

全く寝られず。

たまに起きてこないCAもいましたが、

寝坊したCAのその後の働きヅラさを見ると、

寝坊が怖くてとても眠れません😒

フライト中の仮眠タイムでは、制服のまま、髪型も乱れぬよう、

そ~っと横になって体を休めます。(着替えるCAもいます)

でも、眠れない…なかなか眠れない…。

ウトウトし始めたところでタイムアップ。

目覚まし時計がブルブルと振動するのでした。

どこでも寝られる私でしたが、

すぐに眠れる技が欲しかった〰。

体内時計もバラバラでした。



最近はすぐに眠れます。

持ち帰りの仕事もあるのに、寝てしまう

今週もがんばろう。




人気ブログランキングへ


関連記事
日々の出来事 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

参考になります28
編集
今回のコメントは読んでいて辛かったです。いよいよ家の娘も国際線の屋根裏で仮眠かと思うと、心が痛いですね。パパポンポンしてと言われて寝かしつけたものです。でも、そろそろ、子離れしないといけませんね。
2017年02月14日(Tue) 07:25
Re: 参考になります28
編集
パパ さま

屋根裏での仮眠も、お嬢様はプロ意識を持って挑むかと思います。
応援しています。
2017年02月17日(Fri) 21:38












非公開コメントにする