元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPフライト日記 ≫ 乗り間違い事件~つづき~

乗り間違い事件~つづき~

あやメリーです

前回の記事の続きです。

東京行きの便に、鹿児島行きのお客様が乗っていた話。

前記事でも書きましたが、

お客様、なぜもっと早く気付かないの?

搭乗案内開始後、地上職員は何を見ていたの?

そもそもなぜ、そのような事が起こり得るの?

??ハテナだらけです。



この件は、離陸して40分後にお客様から呼び止められ

「この飛行機は鹿児島には降りないの?」 と聞かれたことで発覚しました。



その後、お客様はパニック状態になり、

詳しい話も聞けないほどに動揺。 

購入した航空券も、本当に鹿児島行きだったのかどうか??

私たちクルーは、とにかく出発空港に確認が必要と、

コクピットから出発空港に無線で連絡するも、なんと

もう空港が閉まってたーーー!

(事務所は無人であった)

ド田舎地方空港は、最終便が飛び立つと、みんな帰宅するらしい・・・。

(のどかすぎる・・・それでいいのか?)

引き返すこともできず、もう東京へ向かうしかありません。


動揺するお客様の背中をずっとさすったり、

コクピットとのやり取りが異常に多い私を見ていた、

屈強で若い青年旅客が

『どうかされたんですか?

僕たち、羽田のカウンターの新人職員です。

何か手伝えることはないですか?」

と申し出てくれたのですーーー。

キャーすてき~~ありがと~~~。



大都会東京は生まれて初めて、というそのご婦人旅客は、

その屈強なカウンター職員に抱えられて、(もう腰が立たないくらい落胆)

深夜の東京に降り立ち、ターミナルへと消えて行きました。

訳ありな感じのご婦人旅客・・・

色々と事情を抱えたお客様もいらっしゃるので、

その辺りを考慮しながら、お世話していかないといけません。



出発時刻が同じ場合、空港の構造によっては飛行機を乗り間違えることもあるようです。

この件以来、搭乗案内時には行先きを連呼するようになりました。

小さな空港では、みなさんもお気を付けくださ~い。






人気ブログランキングへ
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

Comment













非公開コメントにする