FC2ブログ

元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP日々の出来事 ≫ 羽田⇒伊丹 機内にて②

羽田⇒伊丹 機内にて②

ごきげんよう あやメリーです。



伊丹行きの機内にて起こったこと、気付いたこと、感じたことについて書きます。

前日に乗った時には気付かなかったけど、安全ビデオの内容が少し変更されていました。

脱出のスライドを降りる時は上体を起こして

「着地点を見て滑る」←このセリフが追加されていました。

細かいことだけど重要ですね。 

着地点をしっかり見ないと、スライド滑走中に加速されてしまい、着地の瞬間、転びます。

転ぶとスライド下で団子状態となり、怪我人大量発生となるから。

だから、着地点には助手が必要となります。

非常口座席に座る人の、助手としてのミッションです。



さあ、行きの便では両方右耳だったイヤホンをチェック。 

その時の記事はコチラ⇒クリック

今回は「L(左)」 「R(右)」 となっていました! やはり昨日のイヤホンは不良品だったのね。



満席で出発した伊丹行き最終便は、ドリンクサービスも忙しそうでバタバタしていました。

着陸準備に入った時に、サービスの進行具合を目視確認したところ(抜けない習慣)、

あと 3列 残ってるじゃないかー。

ここで「あと3列だから」と無理にサービスを進めてしまうと、着陸準備が間に合いません。

途中でサービスを終了する決断も必要なのです残念だけど。



そして、無事伊丹空港に着陸。少しだけ遅れたけど、空港の門限には間に合いました。

着陸の風景を通路側の席から観て、ふと隣の男性を見ると、

シートベルトしていませんでしたガーン



ちなみに、心配した耳の詰まりは、帰りのこの便では大事に至らず、

購入したJALキャンディーも食せずに済みました。



以上、長々レポート終了します。

今日はこれから、最寄り駅に息子の出迎え。

迎えに行かなくても成田から羽田に移動し、国内線に乗って帰って来られるなんて、成長したな。

関連記事
日々の出来事 | Comments(-) | Trackbacks(-)