FC2ブログ

元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP日々の出来事 ≫ デルタのホスピタリティ②

デルタのホスピタリティ②

ごきげんよう あやメリーです。



前回からの続きでーす。

私が好きな、デルタエアラインのジョニー君(仮名)の話です。

ジョニー君はいつもエントランスドアでお客さまを出迎える、チーフレベルのベテランCAと推測されます。

よって、

ビジネスクラスを利用するとジョニー君のサービスを受けられるのですが、

ある時、我が家はビジネスではなく、その次のコンフォートプラスというプレミアムエコノミーを利用。

ボーディングが始まり、エントランスドアでジョニー君を発見!

また会えた! 思わず日本語で 「お久しぶりでーす」 と挨拶。

すると、一瞬固まったジョニー君。そのまま特に会話もなく、人の流れに押されて機内へ。

ビジネスクラスの通路を寂しくスルーして、コンフォートプラスの最前列に着席。

私はジョニー君のこと覚えてるけど、ジョニー君は私(と家族)のこと覚えてくれてないかな。

(ま、そうだよね、特徴もないし)

あ~あ、一つ前の席はビジネスクラスなのにな~。今回もここに座りたかったな~。

この後、カーテンを閉められて、ビジネスの様子は伺えなくなるのよね~。

などと思いながら離陸。



コンフォートプラスではジョニー君のサービスは受けられなかったけれど、全体的には快適でした。

ミールサービスが終わり、機内は消灯。

就寝するべきなのに、お客で乗るとなぜか寝られない。

なんでだ?!

CA時代、デッドヘッド(←クリック)ではいつも爆睡してしまってたのに!

ウトウトし始めた時、真っ暗なCABINのビジネスクラスのカーテンが開き、ジョニー君が登場。

そして、私の足下のバッグの上にそっと、これを置いて去って行った! 

デルタアメニティ

ビジネスクラスのアメニティーキット

ビジネスに乗る人だけが授かることができるTUMIのポーチです。

ポーチの中には、耳栓や靴下、アイマスク、歯ブラシセット、ハンドサニタイザーなどが入っています。

ジョニーよ、私たちのこと思い出してくれたか?!しかも人数分の3セット!

我々のシートを探し、わざわざギフトを持って来てくれたのでした。

ジョニー君は、お客の嗜好をよく把握してくれるCAで、

頼んでいないのに、息子の好きな飲み物をテーブルにそっと置いてくれたり、

呑兵衛の私がコーヒーを頼むと、 『メズラシイネ(酒飲まねーの?)とツッコんでくれるのです。

今回もそんなジョニー君のホスピタリティに触れることが出来て、本当にHAPPY。

ホノルルに着いて、SHIPを降りる時にお礼を述べ、ジョニー君とぎゅっと握手を交わしたのでした。



自分がCAだったとき、どれだけ心に残るサービスを提供できていただろうか?とも考えた出来事でした。

ジョニー君(仮名)!ありがとう。きっとまた逢えるね。




(※コロナ爆発前の過去の話です)
関連記事
日々の出来事 | Comments(-) | Trackbacks(-)