FC2ブログ

元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP日々の出来事 ≫ 採用中断

採用中断

ごきげんよう あやメリーです。



新型コロナの影響で、就活も険しい道となっています。

国内の航空関係では、SKY、ANAに続き、JALもCA職は採用中断となってしまいました。

昨年は500名以上のCA候補生が採用されたのに、1年違いで大違いとなりました。



航空関係に限ったことではないけれど、振り返れば様々な理由で

約10年ごとに採用中止や縮小が行なわれてきたように思います。

JALでは10年前の2010年に経営破綻、

その9年前の2001年にアメリカ同時多発テロ(9.11)、

そのまた10年前にはバブルが崩壊。

バブル崩壊後から数年間、国内各社のCAの正社員採用はなくなり、契約社員からのスタートになりました。

正社員CAと契約社員CAが同じフライトを乗務するのです。

同じ責務なのに、給料や待遇が違うのです。

同一労働同一賃金ではないのです。

そのことでチームワークが乱れてしまい、保安業務にも支障をきたすことが懸念されため、

労使間でとても揉めました。

そして当時、私も銀座でのデモ行進に参加し『客室乗務員は正社員で!』と叫びました。

しかし、その訴えも通じず契約制CAが導入されました。



CAになれるのなら、契約社員でもいい!と思って入社した新人CAは、

徐々にその待遇の違いに気付き始めます。

そして、懸念していたとおり、

『私は契約社員なので、これ以上は働きません。』というCAが出てきてしまいました(ごく少数ですが)。



コロナショックで、再びあの頃の状況にならないよう、願います。

CAになりたい皆さん、

今年度は採用数が減ってしまっても、選考が再開するときを、準備を万全にして待ちましょう。

そして、この先もずっと、客室乗務員は正社員で
関連記事
日々の出来事 | Comments(-) | Trackbacks(-)