元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」

元国際線CAの現在・過去・未来のお話
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月

地震怖かった

ごきげんよう あやメリーです。

今朝の地震は大きなものでした。

皆さまはご無事でしたでしょうか?

エアライン時代のCA同期や先輩、仲良し整備士さんから

安否確認をいただきました。ありがとうございました。



私、無事です。

地震の瞬間は自宅にいまして、突然の大きな揺れに

テーブルの下に隠れようと思いましたが、

「あ!息子が文化祭の代休でまだ寝てるんだった!」

息子を叫び起こし、咄嗟に玄関を開けて脱出経路を確保。

飛び起きた息子の手には、懐中電灯。

・・・朝だよ! 懐中電灯要らん❗



そこからは報道のとおりです。

電車が全部止まったため、出勤できません。

そして、電話が繋がりません。

緊急時のフローチャートに従って連絡を取りたくても繋がらず。困りました。



もう今日は仕事行けないな、と思っていたら、

なんと15時過ぎに最寄りの鉄道が復旧したため、

迷いましたが出勤しました。

徐行運転の電車に乗り、職場到着16時30分。

2時間ほど仕事して勤務終了。

帰りの電車が来なくて帰宅難民か?と一瞬不安になりましたが、無事帰宅しました。

空の便も乱れただろうな・・・。



しばらくは余震に注意です。

ではまた。
日々の出来事 | Comments(4) | Trackbacks(-)

心を寄せて

ごきげんよう あやメリーです。

CA採用試験の二次選考が今週末に迫っています。

グランドスタッフ志望も含めて、連日

対策に追われる今週でした。

毎年毎回書いていますが、私は養成スクールの先生ではござりません。

ただの元CAです。

そんなただの自分のアドバイスを求めて連日来てくれる学生さんたち。

気付けば今年もかなりの人数に膨れあがりました。

自分の発言や助言には責任を持ちたいので

私も心を尽くしています。



大変なのは、帰宅後も彼彼女たちのことが頭から離れないこと。

夢にまで出てくる!



私の話を真剣に聞いてくれ、涙をポロポロ落とす彼女たち。

その涙の意味は正確には分からないけど、

私もつられて泣けてきます。



とにかく、その会社に、その仕事に心を寄せて

面接に臨んでね。きっと伝わるから。



ではまた☺️

いよいよ面接の始まり

ごきげんよう~ あやメリーです。



ここ数日、CA希望の学生さんたちに面接対策をする日々が続いています。

いよいよ6月1日からエアラインの面接がスタートします。

直前になって、志望理由が混乱している方が数名。

なぜCAになりたいか、が伝わってきません。

言いたいことがありすぎて、話をまとめることができなくなっています。

「皆と同じことを言ってはいけない」
「ありきたりなことを言ってはいけない」

と思い込みすぎて、何をどう伝えたら良いのか分からなくなり、どんどん元気がなくなっていく学生さんたち。


どうすれば受かるのか、ってそればかり考えてるから伝わらないのだよ。

原点に戻って考えてみましょう、と整理を促します。

すると、素直でストレートな気持ちが出てきました。

『それよ、ソレ。』

そのほうが面接官は納得してくれると思うよ。

スッキリした顔で帰っていく学生さんたち。ホッとする私。



一生懸命な学生さんたちの力になりたくて、私も一生懸命に向き合い寄り添います。

しかし、一日に何人も個別支援をすると、

メチャクチャ疲れる。クタクタだ。

今夜も飲むしかない、うん。



さあ6月だ。悔いのないように出しきりましょう。

日々の出来事 | Comments(0) | Trackbacks(-)

自分の都合を優先してしまった

ごきげんよう~あやメリーです。

雨です。まもなく梅雨か〰️😭



昨日の仕事帰り。

最寄り駅に着き、バスを待っていると、

私のそばを通りすぎた高校生のポケットから何か薄いカードのようなものが落ち、

彼はそのまま気付かずに駅の改札口へ向かってしまいました。

私、あっ!拾って追いかけて手渡してあげなきゃ!

と思ったのですが、

腰がまだ痛くて拾えない&追いかけられない&その彼、早足。

同時にバスがやって来てしてしまった❗

バスを1台見送って彼を追いかけるべき?

大事なカードかもしれないし。(プリペイドカードみたいな)

でもそのバス、一時間に2本しかないの〰️。

乗り過ごしたらまた30分待つの〰️。

しかも私、アイスクリーム持ってたの〰️(ドライアイスなし)。

一瞬の迷いにより、高校生を追いかけることなくバスに乗ってしまったワタクシ。

後悔しました。

追いかけられなくても声に出すことはできたはず。

後で悔やむくらいなら、アイスクリームが溶けても良かったよ。

帰宅後、『あ"〰️』と悔やむ私に息子は、

『僕なら追いかける。腰痛くないし、アイスが溶けてもまた凍らせれば良い。』

はい、ごめんなさい。



色々と理由づけして言い訳するのはやめよう。

咄嗟の判断を誤りました😢



という出来事がありました。

まだまだ修行が足りぬな。

ではまた・・・。


日々の出来事 | Comments(2) | Trackbacks(-)